Mr.Orion

Exam information and learning methods told by teachers

令和2年度 神奈川県 公立高校入試の選考基準が公表されたぞ!

スポンサーリンク


f:id:norisuke_slow_life:20190705004412p:plain


こんにちは。ORIONです。

2019年の611()に神奈川県教育員会は、令和2(2020)年度の県内公立高校入学者選抜の選考基準を公表しました。今の、中学3年生が受験する来春の入試ですね。最新ニュースとしてお伝えします。(2019年6月14日執筆時点)

これはしっかりチェックしよう!

 ズバリ変更点は?

 1次選考の変更

1次選考における内申・学力検査・面接の比率(特色検査を除く)を変更したのは3校でした。変更点は以下の通りです。

 

・市立川崎(生活科学)は内申重視に変更
(内申・学力検査・面接)
  =3:4:3 ➡ 4:4:2  


平塚湘風は内申重視に変更
(内申・学力検査・面接)
  =4:3:3 ➡ 5:3:2  


・厚木東は学力重視に変更
(内申・学力検査・面接)
  = 5:3:2 ➡ 4:4:2  

 

 2次選考の変更


2次選考で「学力検査:面接の比率」を変更したのは、市立横浜商業(スポーツマネジメント)の1校のみですね。

市立横浜商業(スポーツマネジメント)
   
学力重視への変更 2:8➡3:7

 

特色検査はどうなるの?

学力向上進学重点のエントリー校のうち10校(川和・光陵・横浜平沼・横浜緑ヶ丘・多摩・鎌倉・茅ヶ崎北陵・小田原・大和・相模原)が、特色検査(自己表現)を「共通問題と共通選択問題」を用いて実施することになりました。

 

これは、やっぱりな、という感じです。ただし、横浜緑ヶ丘高校と多摩高校を除いて、選考に占める割合は「1」となっています。

 

変更がなかった高校も併せて確認すると、厚木、多摩、柏陽、翠嵐、緑が丘の比率が「2」で、他が「1」という事なのね。

評価の観点も全校統一になったみたいだね。

あと、横浜国際は本体もバカロレアコースも特色検査の評価の観点が変更されたみたいね

新たに特色検査を導入する高校

・自己表現を2に設定
(1次選考、2次選考とも)
 ➡多摩

・自己表現を1に設定
(1次選考、2次選考とも)
 ➡川和、光陵、横浜平沼、鎌倉、

        茅ケ崎北陵、小田原、大和、相模原

 

その他特色検査の変更

その他には、以下の変更がありました。志願者は、チェックしておきましょう。

 

★自己表現を自校作成から共通に変更
 ➡横浜緑ヶ丘

★比率変更(1次選考)実技を5⇒4
   ➡厚木北(スポーツ科学)

★比率変更(2次選考)

・自己表現を2⇒1  平塚江南
・実技を5⇒4         厚木北(スポーツ科学)

  

新しく誕生する高校は?

令和2(2020)年度に再編統合により新たに誕生する高校(全日制)は下の4校です。いよいよ来春から募集が開始されますよ。

 

・氷取沢・磯子 
➡  横浜南西地域普通科高校

 

・平塚農業・平塚商業 
➡  中・県西地域専門学科高校

 

・横須賀明光・大楠 
➡  横須賀三浦・湘南地域普通科・専門学科併置高校

 

・弥栄・相模原青陵
➡  県央・相模原地域普通科・専門学科併置高校

 

 

重点化の導入・変更・廃止はあるの?

内申や入試得点の重点化についての変更点は以下の通りです。これも志願者は要チェックですね。

 

重点化の導入

横浜清陵…調査書の重点化
➡国数英のうち高い1教科×2

 

重点化の変更

麻生…調査書の重点化
➡音美のうち高い1科目×1.2 ⇒ 音×1.2、美×1.2


市立川崎(生活科学)…調査書の重点化

➡技家×1.5 ⇒ 技家×2

 

 重点化の廃止

伊志田、海洋科学(一般・船舶運航)は重点化を廃止

 

下の「高校受験案内」はとても詳しく学校情報が載っています。
学校選びのバイブルとして使っている生徒も多くいます。 

 

 まとめ

学力検査は2月14日。合格発表は2月28日です。志望校の情報をチェックしたら、あとは勉強あるのみ!頑張ろう。

 

尚、各高校の選考基準は神奈川県教育委員会のHPに記載されています。しっかりチェックしましょう。

 

www.pref.kanagawa.jp