in my life

exam information and learning methods told by teacher

MENU

時計の長針と短針

スポンサーリンク


時計の針って面白くて、長針と短針は1時間に一度、出会うそうです。

1時5分頃、次に2時10分頃、そして3時15分頃というように。
そうやって出会って、長針が追い越して、またしばらくすると追いついて。

キングコングの西野さんが、近畿大学の卒業式で行ったスピーチの一部です。

 長針と短針は、毎時間重なるんですけど、11時台だけは重ならない。
短針が逃げ切ってしまうのです。
そして、次に重なるのは12時ピッタリ。

鐘がなるときです。

何が言いたいのか、伝えたいメッセージは
「鐘が鳴る前は報われない時間がありますよ」という事です。

 がんばっても追いつけない、報われない時間がある。でもその先で、必ず鐘が鳴る。

誰の人生にも11時台は必ずある。でも大丈夫。
時計の針は必ず重なります。

 

・・・というスピーチでした。

僕は西野さんが特別好きなわけではないけれど、
お笑いから始まり、絵本作家になって、映画つくりにも挑戦していて、
ディズニーを超えたいとか語っている生き方は、すごいなあと思う。

確かに人生はいいときばかりではなくて、それは僕みたいに平凡な人間でも同じで、
いいこともあれば悪いこともある。

良くないことが続いているときに、絶望するのではなくて、必ずそこから抜け出せるんだ、と信じる気持ちが大切なのですね。きっと。

今は11時台、もうすぐ鐘が鳴るぞ、と思う気持ちを持つこと。

 

今日も最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
時計の針は必ず重なる、そう思って今日を過ごしていこう。